過去のイベント/募集案内

2007年度研究発表会原稿執筆要領

海洋音響学会研究発表会 講演原稿の書き方(PDF

1. 原稿について

講演論文集は、著者が作成した原稿をそのままB5判に縮小(約79 %)し、オフセット印刷により作成します。従って『原稿の書き方』が不適当であると、刷上りが不鮮明になりますので、原稿の作成に当たっては十分留意し、"きれい"に仕上げて下さい。特に、用紙に(1)指定のサイズ内に収める、(2)文字及び図表の濃さができるだけ同じになるよう注意して下さい。

2. 原稿用紙

(1) 仕様:A4判、40行2段組。上下左右ともマージンを20 mmあけて下さい。

(2) 作成枚数:講演1件当たり2または4ページです。

(3) A4用紙は各自で用意して下さい。

3. 文字の色・濃淡・大きさ

(1) 文字は、黒色で作成して下さい。なお、文字と図表等の濃さが一様になるよう留意して下さい。

(2) 行間を十分考慮し極端に大きな文字や小さな文字は使用しないで下さい。

4. 題名・講演者名・所属

(1) 第1ページは、題名を1行目から始めて下さい。

(2) 2ページ目の第1行は左端から始めて下さい。

(3) 著者名・所属は3行目(題名が2行にまたがる場合は第4行目)から書き始めて下さい。所属はなるべく略称で記入して下さい。同一所属の連名者は、できるだけまとめて下さい。著者が、単独、連名、どちらの場合も講演者に○印を付けて下さい。講演者で若手研究者優秀論文発表賞およびベストポスター賞の受賞対象となる者(学生又は年齢35歳以下の者)は◎印を付けてください。ただし、過去2回受賞のものは対象外とします。

例1) ○海音 太郎(海音大・工)

例2) ◎海音 次郎,海音 太郎(海音大・工),海音花子(海音電気)

(4) 原稿第1ページの最下行へ題目・著者名(所属)の英語訳を脚注として記入して下さい。そのための符号として題目の終わりの字の肩に*印を付けて下さい。

(5) 申し込み時の題目、著者名と講演原稿は一致させて下さい。やむを得ず変更される場合は,変更している旨をお知らせ下さい。

5. 本文

本文は第5行目(題名が2行にまたがる場合は6行目)から書き始めてください。

6. 図・表・写真

(1) 図・表・写真(白黒)はしっかりと貼り付けて下さい。コピーの際の不要な線やゴミは、ホワイト等で修正して下さい。

(2) 図・表・写真などには、なるべく英文による題目や説明を付けて下さい。図中の文字も英文を使って差し支えありません。

7. その他

(1) 原稿送付の際は、原稿はなるべく折らず、またしわにならないようにして下さい。

(2) 原稿受領後の訂正はできません。十分に推敲の上ご提出下さい。

8. 原稿の提出期限 2007年4月6日(金)厳守

9. 送付先

〒239-8686

神奈川県横須賀市走水1-10-20

防衛大学校 応用科学群地球海洋学科

森 和義 宛

TEL : 046-841-3810, FAX : 046-844-5902, E-mail : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

10. 原稿の電子ファイル提出のお願い

今後の予稿集の電子化と電子情報蓄積・データベース化のため,本原稿の電子ファイルの提出をお願いいたします.下記のファ

イル形式ならびにメディア媒体で原稿に同封してください.添付ファイルの容量制限がございますので,電子メールでの提出はご

遠慮下さい.ご協力をお願いいたします.

ファイル形式:Microsoft WORD または PDF, メディア媒体:FDまたはCD-R

なお著作権や社内許可の関係上,不都合のある方は送付先までご連絡下さい.

備考:ポスターセッションについて

(1) ポスター発表となった方は、概要を発表会場で説明(2分程度)いただききます。その場合の発表機材はOHPのみとしますので、OHPシートをご準備下さい。

(2) ポスターセッションの方も、講演原稿を前述の要領に従って作成して頂きます。

(3) ポスターのサイズは、175×115 cm(縦×横)です。

(4) ポスターは,英文でも可とします。

(5) ポスター会場には電源はありますが,十分ではありません。PCなど必要な方はなるべく各自バッテリーをご準備ください。

WS000015

(全ページ余白右上に鉛筆で著者名とページ番号を記入してください)