学会誌

「研究」および「研究ノート」の電子ジャーナル公開のお知らせ

 電子ジャーナルは従来の紙面に変わってWebページ上に学会誌や論文誌を作成し,アクセスを容易にして学会の活性化を図り,さらに他のジャーナルとの相互参照などにより広い分野の研究者間の情報交換に役立てることが期待できます.この度,海洋音響学会誌においても,「研究」および「研究ノート」の電子ジャーナル化を実施することといたしました.電子ジャーナルシステムは,独立行政法人科学技術振興機構が運用しているJ-STAGEを利用することといたしました.

 J-STAGEは391誌のジャーナルが掲載されており(2007年6月14日現在),日本音響学会誌英文誌,JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS,水産学会誌,電気学会誌など,本学会と関連する多くの学会も利用している信頼性のある電子ジャーナルシステムです.また,J-STAGEは国内外の諸機関(他の電子ジャーナルシステム,Cross ref,Pub Med, ChemPort, JoisLink, JDream等)との協力関係を持ち,引用文献の相互リンクがなされます.さらに掲載論文のアクセス件数や他の論文からの被引用件数等の統計調査も可能となり,執筆者にとって多くの利点があります.

本誌において,電子ジャーナルは,下記のように運用いたします.

 

・  本会誌はこれまでどおり会員に発行します.

・  電子ジャーナル化は過去分として2006年刊行分,新規として2007年1月号からを対象とします.

・「研究」及び「研究ノート」のみ掲載し,アクセス制限は無しとします.ただし会員を優先し,会誌より3ヶ月遅れで掲載します.

・ 電子ジャーナル化され全世界に発信されることを考慮し,「研究」および「研究ノート」は査読が終了した時点で英文アブストラクト(本文も英文の場合は全文)に対してネイティブスピーカーによる英文添削を実施します.この添削の料金は本学会によって全額負担します.

 

 本学会会員の皆様においては「研究」および「研究ノート」を投稿することによって,海洋音響学会誌を通じて全世界に向けて研究成果を発信することができます.編集委員一同,皆様のご投稿を心よりお待ちしております.

 なお,すでに2006年刊行分および2007年1月号が下記のURLに掲載されておりますのでご参照下さい.

 

海洋音響学会誌電子ジャーナルURL

日本語版: http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jmasj/-char/ja/

英語版 : http://www.jstage.jst.go.jp/browse/jmasj