他機関表彰推薦取扱要領

他機関表彰推薦取扱要領 2011年3月09日制定 (PDF)

 

〔目的〕本要領は、本会が受賞候補者を推薦し、他機関が表彰を実施する「他機関表彰」への、受賞候補者推薦に関する取扱指針である。

 

1-1 選考方法
基本方針
表彰を行う他機関(以下「表彰機関」)からの依頼に基づく、「表彰機関」が受賞者を決定する表彰等への本会による受賞候補者の推薦 (以下「本件」)は本要領 による。

 

1-2 推薦要件
本会における顕功賞、論文賞、業績賞、中西賞、研究 発表会実行委員長表彰を受賞した会員(賛助会員所属 者を含む)であることを推薦要件とする。

 

1-3 推薦申請方法
本件の推薦申請は、推薦申請者から総務担当理事宛に行う。推薦申請受付の締切日は、表彰機関締切日の1ヶ月前とする。また、推薦申請には、表彰機関への提出書類原稿を電子ファイルにて添付する。

 

1-4 理事会権限の委任
候補者の推薦であり、「本件」に関する理事会権限は、執行理事会へ委任された(2010/11/15 理事会)。

 

1-5 審議発議
執行理事会は、推薦申請を審議し、必要により、表彰委員会に対し審議を発議する。

 

1-6 審議開始
表彰委員会は、執行理事会の発議により推薦申請審議を開始する。

 

1-7 準拠規程
本件は、表彰規程の「特別賞」に準拠する。

 

1-8 結果報告
表彰委員長は、審議結果を会長に報告する。

 

1-9 分科会審議
表彰委員長は、必要により、本件審議を表彰委員会の分科会に委任することができる。

 

2-1 決定
被推薦者
被推薦者の決定は、執行理事会にて行う。

 

2-2 受賞者
受賞者の決定は、表彰機関の決定による。

 

3-1 推薦書処理
送付先
被推薦者が決定された場合には、推薦申請者宛に、会長より推薦書を送付する。

 

3-2 応募書類提出
表彰機関への応募書類提出は、原則として、推薦申請者側から行うこととする。

 

3-3 書類保管
推薦書と提出書類原稿の写しを事務局に保管する(保管期限5年)。

 

4-1 その他
会員広報
本会が、表彰機関から広報依頼を受けた時点で、執行理事会の判断により、HP、電子メールおよび会誌にて会員に紹介する。ここで、紹介の表題を「海洋音響に関する研究開発を奨励する事業のご紹介」とする(全体様式は添付資料1の 7.を参照)。

 

4-2 改廃
本要領の改廃は、表彰委員会の審議の後、執行理事会の承認を得ることとする。

 

添付資料1:「他機関表彰推薦取扱要領」について(表彰委資料 3-19、2011.02.16) 以上