イベント/募集案内

ワークショップ「海底ケーブルの科学利用と関連技術に関する将来展望-第2回-」開催案内

東京大学生産技術研究所海中観測実装工学研究センターがワークショップ「海底ケーブルの科学
利用と関連技術に関する将来展望-第2回-」を開催いたします。
本学会も協賛しておりますので皆様奮ってご参加ください。

 

=====

東京大学生産技術研究所海中観測実装工学研究センターでは、
ワークショップ「海底ケーブルの科学利用と関連技術に関する将来展望-第2回-」を、
2019年11月22日(金)、東京大学生産技術研究所において、以下の要領にて開催いたします。

 

http://seasat.iis.u-tokyo.ac.jp/WS20191122/index.html

 

通信用海底ケーブルの基礎技術を活用した観測システムは、海中海底における有効な観測手段として、その開発と多様な利活用が行われるようになりました。日本国内では海域の地震・津波観測システムとしての有用性が確認されているところであり、科学的、社会的ニーズに後押しされた観測システムの新規展開や拡張計画は引き続き検討が進んでいます。他方、商用ベースのシステム展開についても海洋エネルギー産業分野を中心に検討や議論がなされています。第2回となる本ワークショップでは、現在検討されている観測システム構想、新しい海底観測手法、データ利活用、商用システムの動向、将来構想などに視点を当て、開発・研究・製造・構築などに携わるステイクホルダーや新たな利活用を模索するポテンシャルユーザーが会し、海底ケーブル技術を用いた観測システムに関する動向の共有を図ることを目的として、企画いたしました。

=====