イベント/募集案内

特定非営利活動法人 海洋音響学会 2019年度第2回談話会のご案内

下記の通り,2019年度第2回談話会を電子情報通信学会超音波研究会と共催で実施します.皆様奮ってご参加下さい.

日時:2019年8月28日(水) 13:00〜17:00
会場:東京工業大学大岡山キャンパス 蔵前会館 ロイアルブルーホール
交通機関:東急大井町線及び目黒線・大岡山駅下車
 なお、会場へのアクセスは以下のURLをご参照ください.
 http://www.titech.ac.jp/maps/index.html

講演申込:締め切り済

  ※談話会は事前申し込みの必要はありません.

問い合わせ先:超音波研究会幹事 小山 大介(同志社大学)
TEL: 0774-65-6300
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
URL: https://www.ieice.org/~us/


プログラム
13:00〜13:25 GNSS-Aによって観測できるナノスケール海洋場の理論と実例
        横田裕輔(東大)・石川直史・渡邉俊一・中村優斗(情報部)
13:25〜13:50 音響マーカのRF信号の解析
        佐藤智夫・片倉景義・松本さゆり(港空研)
13:50〜14:15 ドップラーシフトを利用したリモート水温計の提案
        田中正吉・野村英之・鎌倉友男(電通大)
14:15〜14:40 沿岸域の多経路伝搬音波の変動特性評価
        蜂屋弘之(東工大)
14:40〜14:55 休憩
14:55〜15:20 有明海における浮泥層音響計測に向けた基礎的検討
        小笠原英子・吉口将人・森 和義(防衛大)
15:20〜15:45 日本海溝域における海底表層地震波速度の推定と海面低周波音源の定位に関する検討〜 S-net観測点におけるエアガン受信波形の解析 〜
        岩瀬良一(海洋研究開発機構)
15:45〜16:10 高速水中音響通信の研究開発〜 Time ReversalによるMIMO通信の研究、しんかい6500搭載音響通信装置の開発 〜
        志村拓也・出口充康・樹田行弘・渡邊佳孝(海洋研究開発機構)
16:10〜16:35 超音波曲面開口アレイを用いたフーリエビームフォーミング〜 球面開口と円形開口の場合にエコー信号を直接に離散デカルト座標系にて生成 〜
        炭 親良(上智大)
16:35〜17:00 DPLUS Based High-Frequency Ultrasonic Tweezers for Micro/Nano Manipulations
        Liu Qingyang・Chen Kang(The Univ. of Tokyo)・Hu Junhui(NUAA)・Morita Takeshi(The Univ. of Tokyo)