過去のイベント/募集案内

海洋音響学会 第15回技術講習会 (2005/12)

特定非営利活動法人 海洋音響学会

第15回技術講習会のお知らせ

海洋環境への関心のたかまりもあり、より正確な海底、海中計測技術が発達してきています。また、コンピュータ技術の発展とともにGIS(Geographic Information System:地理情報システム)が海洋を含む多くの分野で応用されています。このような状況を踏まえ、今年度の技術講習会を下記要領で開催いたします。

ご多忙中とは存じますが、ご参加賜りますようご案内申し上げます。

― 記 ―

講習主題:最近の水中音響計測と表示技術について

開催期日:平成17年12月15日(木) 13:30~16:30 および 16日(金) 9:30~16:30

開催場所:東京海洋大学社会連携推進共同研究センター 多目的交流研修室

     (東京都港区港南4-5-7 電話:03-5463-0859)

定員:40名

受講料:通常会員 8,000円 賛助会員 12,000円 一般 16,000円 学生 4,000円

受講料振込先:

みずほ銀行高田馬場支店 (普) 1001890 口座名 トクヒ)カイヨウオンキョウガッカイ

申込先、問い合わせ先:

海洋音響学会事務局 半谷 肇

〒358-0054 入間市野田 579-1 tel:04-2932-6145 

E-mail:j このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

申込方法:

氏名、会社、所属名、受講料区分(通常会員,賛助会員,一般,学生)、連絡先(住所、TEL、FAX、E-mailアドレス)を明記の上、申込先までE-mailで申し込む。郵便でも受け付けます。

申込期限:平成17年12月9日(金)

講義概要:

1. サイドスキャンソナーについて(Side Scan Sonar) (12/15 13:30~16:30)

講師:EdgeTech Mr. John Spruance

1)基礎技術(basic technology)  2)位相干渉技術(interferometry)

3)マルチビーム(Multibeam)  4)ダイナミックフォーカシング(dynamic forcusing)

5)合成開口(synthetic aperture)  6)映像例紹介(images)

 

2. GIS表示技術とその応用について (12/16 9:30~12:00)

講師:株式会社パスコ  福島 庸介 、神尾 太郎 、澄川 祐一 

   1)最近のGIS技術動向

   2)SeaBat8125測深データとArcGISによる表示システム

   3)GISを用いた藻場適地選定システム

 

3. マルチビームエコーサウンダについて (12/16 13:30~16:30)

講師:古野電気(株)  森松 秀治

   1)MBESとは(動作原理、システム構成) 2)ビーム形成について

   3)IHO規格を含む測深精度について 4)操船支援機能について

   5)表示、作図の機能および結果について 6)応用例紹介