過去のイベント/募集案内

平成15年度 第13回技術講習会 (2003/12)

第13回技術講習会のお知らせ

 GPS装置の測位精度の向上および普及に伴い、海洋音響分野でもいろいろなところで利用されており、今後ますます利用分野が拡大されていくものと思われます。このような現状をふまえ、今年度の技術講習会を下記要領で開催いたします。

 ご多忙中とは存じますが、ご参加賜りますようご案内申し上げます。

― 記 ―

講習主題:GPSの基礎と利用技術

開催期日:平成15年12月8日(月)13:30~17:00

     平成15年12月9日(火)10:00~17:00

開催場所:東京工業大学百年記念館フェライト会議室

    (東京都目黒区大岡山 2-12-1 TEL: 03-5734-3340(記念館事務室))

交通機関:東急目黒線・大井町線大岡山下車徒歩1分

受講料:通常会員 8,000円 賛助会員 12,000円 一般 16,000円 学生 4,000円

受講料振込先:三井住友銀行所沢支店 (普)7013554 半谷 肇(ハンヤ ハジメ) 宛

申込先、問い合わせ先:海上保安庁海洋情報部航海情報課 

    土出  昌一

  〒104-0045    中央区築地5-3-1

  Tel 03-3541-4510  Fax 03-3541-4388

  E-mail  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

申込方法:氏名、会社、所属名、受講料区分(通常会員,賛助会員,一般,学生)、連絡先(住所、TEL、FAX、E-mailアドレス)を明記の上、申込先までE-mailで申し込む。FAX、または郵便でも受け付けます。

申込期限:平成15年11月10日(月)

講義概要:

1.GPSの基礎   (1日目13:30~17:00 講師:林忠夫 古野電気㈱)

1)GPSとは、GPSは何故こんなに普及したか

2)測位原理

3)GPSのシステム構成(宇宙セグメント、コントロールセグメント、ユーザセグメント)

4)誤差要因と測位精度

5)精度改善―1 ディファレンシャルGPS

6)測位改善―2 キネマティックGPS

7)速度センサとしてのGPS

8)時刻センサとしてのGPS

9)応用例の紹介(GPSコンパス、作業船の運航管理、地殻変動の計測)

10)衛星測位システムの将来動向

2. GPSの利用技術 (2日目10:00~15:00 講師:河口星也/茶珎俊一 測位衛星技術㈱)

1)衛星測位技術の現状について

2)アシスト型GPS(A-GPS)

3)高精度WADGPS(StarFire)

4)ネットワークRTK

5)長距離RTKおよび高速RTK技術について

6)擬似衛星(スードライト)について

7)GPS技術の今後(GPSの近代化計画、GLONASSの現状と今後、Galileo計画について)

8)準天頂衛星計画について

3.GPSデモンストレーション(15:30~17:00)

StarFireを用いた高精度DGPS および 高速RTK(インスタントRTK)