イベント/募集案内

海洋音響学会2019年度第2回シンポジウム 全周ソナーの標準データフォーマット研究部会報告会 開催案内

2019年度第2回シンポジウムを下記通り実施いたします.

皆様のご参加をお待ちしております.


 水産有用魚種の資源量調査に計量魚群探知機やマルチビームソナーが使用されている.より表層において広範囲の探索が可能な全周ソナーは漁業で使用されてきたが,これを資源量調査に応用しようとする研究が世界的に盛んである.2016年の4月に開催されたICES Working Group on Fisheries Acoustics, Science and Technology(WGFAST)では,全周ソナーの調査利用を促進するため,データフォーマットの標準化に関するTopic Groupが立ち上がった.日本は全周ソナーの開発・生産が世界有数であり,全周ソナーの計量化に関する先進的な研究も行われてきた.そこで,本部会では全周ソナーの定量化に必要なパラメータを定め,ソナー方程式に基づく合理的なデータフォーマットについて検討した.この結果をICES WGFASTのTopic Groupに提案し,ICES Cooperative Research Report, No. 341, The SONAR-netCDF4 convention for sonar data, Version 1.0として公表された.また,計量ソナーによる調査の実現に向けて幅広い調査と議論を行った.以上について報告し,全周ソナーを用いた水産調査について議論する.


プログラム
13:00-13:10 部会概要と本講演の紹介 澤田浩一(部会長,水産工学研究所)
13:10-13:40 全周ソナーの標準データフォーマット 白木里香(古野電気)
13:40-14:40 全・半周ソナー等の解説 倉林幸則(ソニック)
                  奥西 哲(古野電気)
  休憩
14:50-15:50 ソナー方程式およびエコー積分方式の解説 奥西 哲(古野電気)
                          甘糟和男(東京海洋大学)
  休憩
16:00-16:30 ソナーの計量的利用への取り組み 古澤昌彦(東京海洋大学)
  休憩
16:40-17:20 総合討論


日 時:2020年1月31日(金)13:00〜17:20
会 場:東京海洋大学(品川キャンパス) 楽水会館・大会議室
    東京都港区港南4-5-7
交通手段:https://www.kaiyodai.ac.jp/overview/announcement/access/shinagawa.html
     JR線・京浜急行線 品川駅港南口(東口)から徒歩約10分
     東京モノレール天王洲アイル駅から「ふれあい橋」を渡り正門まで約15分
     りんかい線天王洲アイル駅から「ふれあい橋」を渡り正門まで約20分
楽水会館場所:https://www.kaiyodai.ac.jp/overview/announcement/map/shinagawa.html
       上記URLのキャンパスマップの22番の建物

参加費:名誉会員・終身会員・通常会員・学生 無料,賛助会員 1000円,一般 2000円
部会報告書:2000円
参加申込方法:参加申込は不要です.当日会場にお越しください.

2020年度海洋音響学会研究発表会 講演募集

2020年度海洋音響学会研究発表会を下記の通り開催いたします.
講演の募集を開始しましたので,皆様奮ってお申し込み下さい.

 

開催年月日 :2020年5月28日(木),29日(金)
会場:東京工業大学ロイアルブルーホール
実行委員長 :安部幸樹(水産研究・教育機構 水産工学研究所)
幹事:今泉智人(水産研究・教育機構 水産工学研究所)
講演申込期限:2020年1月31日(金)
原稿提出期限:2020年4月6日(月)
問い合わせ :今泉智人
〒314-0408
茨城県神栖市波崎7620-7
国立研究開発法人 水産研究・教育機構 水産工学研究所
TEL: 0479-44-5929(代表),FAX: 0479-44-6221
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。


講演申込要領:
1.講演者の資格:原則として名誉会員,通常会員,賛助会員の社員であること,発表者が学生である場合,少なくとも指導教員が会員であること.
2.講演申込料:無料
3.申込方法:下記URLからお申し込みください.
http://horse-rose-9206629346a79e63.znlc.jp/FS-APL/FS-Form/form.cgi?Code=Meeting_2020


講演論文原稿:
1.講演論文集は,講演者の提出したA4版原稿を原版としてB5に縮小し,オフセット印刷で作成します.原稿がPDF形式による電子データによりご提出をお願いします.
2.原稿は2ページまたは4ページとします.
3.申込者には,原稿作成要領および原稿PDFファイル提出方法について2020年2月中旬に連絡します.
4.提出された原稿の著作権は,海洋音響学会に帰属します.


講演要領:
1.講演方法には,口頭発表およびポスターセッションがあります.基本的には講演者が選択できますが,応募状況によりご希望に添えない場合があります.
2.ポスターセッションは英文でも可とします.特に学生(留学生)の方,奮ってご応募ください.


その他:
1.講演1件につき別刷り50部を無料進呈します.
2.35歳以下の優秀な発表(数件)について,優秀論文発表賞およびベストポスター賞が贈呈されます.
3.優秀発表賞,ベストポスター賞の中の1件について当学会からJAMSTEC中西賞候補として推薦します.
4.JAMSTEC中西賞を受賞された場合には,翌年4月頃開催される海洋工学パネルにて,他の受賞者とともに40分程度の受賞講演を行って頂くことになります.

海洋音響学会 論文賞 受賞候補論文推薦のお願い

2019年度論文賞受賞候補論文を、下記要領にてご推薦下さいますようお願いいたします。



1. 推薦論文
2017年10月から2019年9月までの期間に刊行された学会誌(政府諸機関、研究機関、大学及び賛助会員の刊行する技術報告等を含む)に掲載された論文及び技術報告の内から2編以内とします。

2. 推薦要領
下記リンクの推薦書用紙に1編ずつ所要事項を記載する。尚、執筆者のうち少なくとも1人は本学会通常会員、名誉会員、終身会員を含むものとします。

3. 推薦締切
2020年1月31日(金)

4. 推薦書送付先
〒244-0817 横浜市戸塚区吉田町292
(株)日立製作所 ディフェンスビジネスユニット
村上 泰 (表彰委員会幹事)宛

 

推薦書

海洋音響学会終身会員募集

海洋音響学会では, 以下の要項で終身会員の候補者を募集します.

終身会員希望者は, Webから申請書をダウンロードして期日までに学会事務所に送付して下さい.
候補者が終身会員となる資格要件を満たしていれば, 理事会にて審議され, 承認となります.

 

申請書:
http://www.masj.jp/masj/home/images/masj/docs/shushin2011.doc

書類提出期限: 2019年12月31日必着

 

終身会員資格:
(1)在籍15年を超え, 通常会員及び賛助会員の構成員(経験者を含む)で, 年齢が65歳を超えていること.
(2)会社等を退職した者(予定を含む).
(3)これまで, 学会誌への投稿, 委員会, 行事など当学会の活動に参加し, 今後も参加意思のある者. また, 若手育成に寄与する意志のある者.
(4)申請時点で会費を完納していること.


特定非営利活動法人 海洋音響学会
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5
(株)国際文献社内 アカデミーセンター
TEL: 03-5389-6388 FAX: 03-3368-2822
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

海洋調査技術学会第31回研究成果発表会開催案内

下記の通り海洋調査技術学会第31回研究成果発表会が開催されます。本学会も協賛しておりますので
奮ってご参加ください。


=====


海洋調査技術学会 第31回研究成果発表会

開催月日:令和元年11月28日(木)〜29日(金)
開催場所:東京海洋大学越中島キャンパス 85周年記念会館 
東京都江東区越中島2-2

 

プログラム(予定)
1 特別講演 「プラスチック循環社会に向けた化学産業界の取り組み」
 森川宏平(石油化学工業協会会長、昭和電工株式会社代表取締役社長)

2 一般講演
〇ナウファスの将来展望に関する一考察 永井紀彦(ECOH)
〇航走観測を主体とした熱水鉱床探査(その5)
−中部沖縄トラフ海域における精密地形,電気および重力探査−
 久保田隆二1),石川秀浩2),押田淳1),松田健也3),角知則4)
 1)川崎地質,2)三井金属資源開発,3)国際航業,4)日鉄エンジニアリング
〇ROV用海底2000mコアリングシステム
 田島史郷(鉱研工業)・山崎俊嗣(東京大大気海洋研)・高川真一(鉱研工業)
 ・宇都巨貴(鉱研工業)・末次健太(鉱研工業)
〇ウニ回収ROVの回収システムの概要と実地試験結果
 伊藤魁・後藤慎平・和泉充・井田徹哉・田原淳一郎(海洋大)
〇Speedy Sea Scannerを用いた久米島沿岸域海底調査とU-netによるサンゴ被度評価とその考察
 萩野誠一朗(東京大・新領域)・水野勝紀(東京大・新領域)・阪本真吾(ウインディーネットワーク社)
 ・寺山慧(理化研,京都大・医学研)・鈴木翔太(東京大・新領域)・多部田茂(東京大・新領域)
〇船舶ならびに自律型深海探査機「じんべい」による未知海底熱水活動域における音響探査-SIP
海のジパングの調査技術プロトコルに則った絞り込み調査-
 金子純二・笠谷貴史(JAMSTEC)・高橋亜夕(JGI)
〇GNSS-A海底地殻変動観測によって明らかになった南海トラフのスロースリップ
 石川直史(海洋情報部)・横田裕輔(東大生産研)・渡邉俊一(海洋情報部)・中村優斗(海洋情報部)
〇GNSS-A海洋学で見る黒潮大蛇行時の海洋場 -紀伊水道沖と豊後水道沖-
 横田裕輔(東大生産研)・石川直史(海洋情報部)・渡邉俊一(海洋情報部)
 ・中村優斗(海洋情報部)
〇洋上風力発電施設の地盤調査船の実海域動揺計測
 岩下遼・茂手木竜也・山田瑞熙・永井裕・齋藤真一郎 (深田サルベージ建設)
〇水中音響機器の災害復旧における有効活用
 山路 修平(株式会社アーク・ジオ・サポート)
〇水中音響カメラ「ARIS」の機能及び特性とその活用方法について
 川本 豪  下田孝行  米塚昇司(株式会社アーク・ジオ・サポート)
〇深海曳航型ピエゾ震源を用いた海底熱水鉱床探査
 多良賢二(J-MARES/JGI)・加藤政史(JOGMEC)・Ehsan Jamali Hondori(東京大学)・淺川栄一(J-MARES/JGI)
〇潮汐研究の歴史的展開と新地平
D. E. Cartwright著、“Tides, A Scientific History”の紹介
 小田巻 実(元海上保安庁海洋情報部)

第29回技術講習会 開催案内

今年度の技術講習会は本学会が編纂した「海洋音響の基礎と応用」をテキストに用いた講義,およびビームフォーミング技術に関する講演を下記要領にて実施いたします.「海洋音響の基礎と応用」の講義は初学者である学部生,大学院生,新入社員の方々などを対象とした内容を予定しておりますが,改めて海洋音響の基礎技術について学びたい方の参加も推奨致します.またビームフォーミング技術についてはソーナーメーカーにおける開発経験を持つ専門家に講演頂きますので奮ってお申込み下さい.


主題:海洋音響の基礎とビームフォーミング技術
日時:2019年12月9日(月)9:30−16:50
   2019年12月10日(火)9:30−16:30
場所:東京海洋大学品川キャンパス 白鷹館多目的スペース
   東京都港区港南4丁目5−7
交通機関: JR線・京浜急行線品川駅港南口(東口)から徒歩約10分
   会場ならびに交通機関の詳細は以下のURLをご覧下さい.
   https://www.kaiyodai.ac.jp/events/img/shinagawa_place.pdf


プログラム
1日目:12月9日(月) 講師:蜂屋 弘之(東京工業大学)第3章
            講師:鎌田 弘志(元会長) 第9,5,6章
9:30-11:00 音響の基礎    (第3章)
11:10-12:10 反射散乱と残響  (第9章)
12:10-13:30 昼食
13:30-14:30 音源からの放射  (第5章)
14:40-15:40 送受波器     (第6章)
15:50-16:50 送受波器     (第6章)

2日目:12月10日(火) 
9:30-12:30 全周ソナーのデジタル信号処理技術 奥西 哲(古野電気株式会社)
12:30-13:30 昼食
13:30-16:30 適応ビームフォーミング技術   奥村 成皓(株式会社マリ)


受講料:通常会員 8,000円,賛助会員 12,000円(ただし1口あたり2名まで無料)
    一般 16,000円,学生 4,000円,名誉・終身会員 無料
受講料振込先:みずほ銀行高田馬場支店 (普)1001890 
       口座名 トクヒ)カイヨウオンキョウガッカイ
申込期限等:11月29日(金)までに氏名,会社・所属機関名,受講料区分(通常会員,賛助会員、学生等の別),受講料振込予定日,連絡先(TEL,E-mail address),テキスト必要の有無を明記の上,メールにてお申込をお願い致します.
申込・問合せ先:海洋音響学会技術講習会受付窓口

        ( このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

担当:近松,古川
〒162-0821 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
TEL:03-6824-9376 FAX:03-5227-8631


※テキストについて
テキストの「海洋音響の基礎と応用」をお持ちでない方には無料で配布いたします.
お持ちの方で配布が不要な方はお手数ですがテキストをご持参下さい.なお,講演者が別途資料を配布する場合もございます.

※領収書について
 受講料の領収書については受講料振込の控えで替えさせていただきます.別途領収書が必要な方は,学会事務局堀井(連絡先は巻末参照)までお問い合わせ下さい.

ワークショップ「海底ケーブルの科学利用と関連技術に関する将来展望-第2回-」開催案内

東京大学生産技術研究所海中観測実装工学研究センターがワークショップ「海底ケーブルの科学
利用と関連技術に関する将来展望-第2回-」を開催いたします。
本学会も協賛しておりますので皆様奮ってご参加ください。

 

=====

東京大学生産技術研究所海中観測実装工学研究センターでは、
ワークショップ「海底ケーブルの科学利用と関連技術に関する将来展望-第2回-」を、
2019年11月22日(金)、東京大学生産技術研究所において、以下の要領にて開催いたします。

 

http://seasat.iis.u-tokyo.ac.jp/WS20191122/index.html

 

通信用海底ケーブルの基礎技術を活用した観測システムは、海中海底における有効な観測手段として、その開発と多様な利活用が行われるようになりました。日本国内では海域の地震・津波観測システムとしての有用性が確認されているところであり、科学的、社会的ニーズに後押しされた観測システムの新規展開や拡張計画は引き続き検討が進んでいます。他方、商用ベースのシステム展開についても海洋エネルギー産業分野を中心に検討や議論がなされています。第2回となる本ワークショップでは、現在検討されている観測システム構想、新しい海底観測手法、データ利活用、商用システムの動向、将来構想などに視点を当て、開発・研究・製造・構築などに携わるステイクホルダーや新たな利活用を模索するポテンシャルユーザーが会し、海底ケーブル技術を用いた観測システムに関する動向の共有を図ることを目的として、企画いたしました。

=====

【締め切り延長】国立研究開発法人海洋研究開発機構 特任技術研究職/特任技術職の募集

国立研究開発法人海洋研究開発機構では、下記の公募を行っております。
詳しくはリンクをご参照ください。

 

研究プラットフォーム運用開発部門 技術開発部 基盤技術研究開発グループ
特任技術研究職もしくは特任技術職 公募
募集人員 1名
※締め切り(延長後)は、2019年10月4日(金)13:00 (日本時間/JST)必着

http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/mare320190906.html

 

【問い合わせ先】
国立研究開発法人海洋研究開発機構
人事部人事任用課 採用担当
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

国立研究開発法人海洋研究開発機構 臨時研究時補助員の募集

国立研究開発法人海洋研究開発機構では、下記の公募を行っております。
詳しくはリンクをご参照ください。

 

研究プラットフォーム運用開発部門 技術開発部 基盤技術研究開発グループ
臨時研究時補助員  公募
募集人員 1名
※締め切りは、2019年9月27日(金)13:00 (JST/日本時間)必着

http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/mare320190927.html

 

【問い合わせ先】
国立研究開発法人海洋研究開発機構
人事部人事任用課 採用担当
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

第2回海中海底工学フォーラム・ZERO開催のお知らせ

下記の通り、第2回海中海底工学フォーラム・ZEROが開催されます.本学会も協賛
しております.皆様奮ってご参加下さい.

 

======
東京大学生産技術研究所および大気海洋研究所の研究者が核となり、
理工融合型研究コミュニティのネットワーキングのために運営している海中海底
工学フォーラム・ZERO運営委員会では、第2回海中海底工学フォーラム・ZEROを、
東京大学大気海洋研究所において以下の要領にて開催いたします。

 

東京大学柏キャンパス大気海洋研究所アクセスマップ
http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

 

第2回海中海底工学フォーラム・ZERO URL
URL: http://underwater.iis.u-tokyo.ac.jp/forum/Welcome.html


     

 

第2回海中海底工学フォーラム・ZERO


日時:2019年10月18日(金)
場所:東京大学大気海洋研究所講堂


スケジュール:
研究会13時〜17時40分
1.海の恵みとSDGs=漁業から海底資源まで:松田裕之(横国大)
2.海の今を知る〜海洋状況表示システム『海しる』について〜:吉田剛(海保)
3.”ロボットボートで”池の水草ぜんぶ刈ってみる?:海津裕(東大農学部)
4.岩国サテライト、AUVイノベーションの拠点に!:金子博文(防衛装備庁)
5.海洋スタートアップ「FullDepth」の取り組み:伊藤昌平(FullDepth)
6.水中ロボコン報告
 その1.Young Challenge in Singapore:藤田健一(東大新領域学生)
 その2.水中ロボコンが中高生の“見る目”を育む:山縣広和(東大生研)
7.特別セッション 海洋プラスチックゴミの実態と課題
 イントロ 趣旨説明:道田豊(東大大海研)
 その1.海洋プラスチックゴミの何が分かっていないか?何をやるべきか?:
    津田敦(東大大海研)
 その2.MP計測の現場から :山下麗(東大大海研)
 その3.海洋プラスチック問題解決に向けた化学産業の取組の方向:
    渡辺宏(日本化学工業協会)

 会場とのディスカッション

 

IEEE/OES Japan Chapter Young Award2019授賞式 17時40分〜17時55分

 

懇談会 18時〜20時

 

以上

======

第2回談話会参加費について

超音波研究会と共催される第2回談話会におきまして,参加費支払いの方法が
変更されます.参加費等は共催の超音波研究会HP

 

https://www.ieice.org/~us/

 

をご覧下さい.
また,参加費の支払い手順の詳細は[第2回談話会支払い手順.pdf]をご覧下さい.

 

※参加費について
 本学会では従来の談話会において会員の参加費を徴収していませんでしたが,
第2回談話会では電子情報通信学会超音波研究会との共催であるために研究会
側の方式での参加費支払いとなります.
しかし,本学会会員は電子情報通信学会では非会員区分となるため当日参加費
が5000円と非常に高額となっております.

 

 その点に対応するため現在理事会では参加費補助の支給を検討しております.
8月19日の理事会後に改めて皆様へ参加費に関して本MLにてご連絡しますの
で,上記超音波研究会HPに掲載の参加事前登録手続きに関しては今暫くお待ち
下さい.また,職場の経費等で参加費が支給されることにより補助金を必要と
しない方は事前参加登録手続きをお進め下さい.
 なお,本措置は今年度限りとなります.次年度以降については理事会で検討
後改めてご連絡いたします.

 

以上,よろしくお願い申し上げます.

 

海洋音響学会 総務理事 土屋健伸